9月の子どもたちの様子

8月で夏期保育も終わり、通常の保育のリズムに少しずつ戻ってきました。

過ごしやすい気候の日が増え、戸外で身体を動かして遊ぶ機会も多く、ますます元気いっぱいの子どもたちです♪

 

【ほし組】9月は、防災の日があったので、非常食や避難してからの過ごし方を学びました!

普段食べている米とアルファ米のアルファ米の形の違いを見たり、触ったりして比べました!

また実際にアルファ米の作り方を見て学びました。火やお湯を使用しなくても、食べられるようになることを知り、まだこの時は半信半疑の子どもたち★

↑実際に出来上がった、ごはんを食べて『おいしい!』と驚く子どもたち。            とても貴重な経験になりました。

 

【ひつじ組】敬老の日に向け、ほし組と一緒にはがきの書き方講座を受けました。

触れる機会の少なくなっているはがきの書き方。宛名や切手が必要な事、またどのようにして相手に届くのかを、学びました!

大好きなおじちゃん、おばあちゃんを想像しながら、真剣な子どもたち。無事に届いたかな?♥

 

 

 

【すみれ組】はがきをポストへ投函しに行きました!

静かな郵便局に、少し緊張した表情のすみれ組さん。

『ぶじに、とどきますように♪』と願いを込めながら投函していました!!

郵便局の中に入れてもらって、嬉しかったね★

 

 

【めばえ組】まだまだ暑かったので、夏の遊びを楽しみました!!

泥遊び・ボディペインティングなど、さまざまな感触の違いを楽しみました!

はじめは、触れることを嫌がっていた子も夏季保育の間に少しずつ慣れ、ダイナミックに遊ぶ様子が見られました★

また来年みんなで遊ぼうね!!

 

 

 

【つくし組】 小麦粉粘土で遊びました!!3色の粘土を並べたり、伸ばしたり、混ぜたり…感触遊びが大好きなつくしさんでした★お月見団子も作れたかな(*^^*)?

 

 

 

 

 

【たね組】たね組さんもたくさんのことを経験しました!友だちにもどんどん興味が出てきています★

↓はがき投函        ↓散歩           ↓小麦粘土        ↓テラス遊び

みんな頑張る 元気な子