5月、6月の行事あれこれ。

ホームペジにて行事の様子を紹介していますが、実は紹介しきれていない行事が沢山あります。

5月、6月に行われた園行事を、まとめて紹介したいと思います。

 

5月

『箸の使い方と食事のマナーを学ぼう』をテーマに、食育が行われました。

対象は幼児(年少児、年中児、年長児)で、うさぎさんにニンジンを食べさせるというゲームを行い、楽しみながら箸を使い方を学びました。

友達の取り組む様子を見ながら、ニンジンをつまむイメージトレーニングをします。ようやく回ってきた自分の番では箸先に集中し、ニンジンをつまみ、うさぎの口の中へ『ポト!!』。箸でつまんで入れることが出来たことを喜び、この上ない達成感を味わうことが出来ました。さらに上級者は、小さな玉をつまむことにもチャレンジ。日頃は苦手と感じている箸も、とても楽しみながら使うことが出来ました。その日の給食では、どのクラスもとっても頑張って箸を使って食べていました。

 

 

 

 

 

 

 

年長児が人形劇観劇に千本プラザへ行きました。

今年の劇は『アリとキリギリス』。話を知らない子が多かったのですが、軽快に歌うキリギリスに、ノリノリで楽しく観劇することが出来ました。

最後は一緒に記念撮影『パシャッ!』。握手もしてもらいましたよ!(^^)!

 

 

 

 

 

 

6月

 

6月上旬、『大きいジャガイモ取るぞ!』『たくさん取れるかなあ・・』期待に胸を膨らませ、年長児が『ジャガイモ掘り』に行ってきました。

実際のじゃがいもは、茎を引っ張っても茎だけ取れてしまい・・・ジャガイモが出てこず大苦戦。そんな様子を見て、なんとトラクターが登場!!グウィングウィンとあっという間にジャガイモを掘り起こしてくれました\(~o~)/柔らかくなった土を掘ってみると、大小さまざまジャガイモが出てきて子どもたちも大喜び!(時々出てくる虫にも大騒ぎ!!)楽しみながら『ジャガイモ掘り』を体験することが出来ました。

玉ねぎ掘りも体験、農作業をしたことがない子がほとんどだったので、よい経験になりました。

 

 

 

 

 

 

 

年長児のみ、6月下旬に掘ってきたジャガイモを使って『ポテトチップス作り』を行いました。『このジャガイモ、畑でとったんだよね!』『大きなトラクター、格好良かったよね~。』などなど思い出話に花を咲かせながら、自分たちがとってきたジャガイモに改めて感激し、ピーラーを使って皮むきをしました。ピーラーは昨年のスイートポテト作りの時に使い、経験していたのですが、2度目とはいえ見守る保育士や調理員はドキドキ。家でお手伝いで使っている子も数名みられ、自分の指を切らないよう、慎重にジャガイモを扱っていました。みんなで皮をむいたじゃがいもは、給食の先生が薄くスライス、目の前で油で揚げてくれました。ピチピチと音を立てて油の中で泳ぐジャガイモ。ポテトチップに変化していく様子を、じ~~っと観察していました。自分たちで味付けをし、おやつでおいしく食べました。

 

 

 

 

 

 

 

6月7日、いつもお世話になっている近隣施設へ感謝とお礼を兼ね、花の日の慰問をしました。

全ご家庭にご協力をしてもらい、お花を持ってきてもらいます。持ってきていただいたお花を花束にし、幼児クラスがクラスごと分かれ、接骨院・歯医者・消防署・交番・老人ホームへ出かけました。初めて訪れる場所に少し緊張しましたが、大きな声で『いつもありがとうございます!』と、感謝の気持ちを伝えることが出来ました。

 

みんな頑張る 元気な子