食育~ポテトチップス作り~

食育の一環として、年長児が『ポテトチップス作り』を行いました。

ジャガイモの皮むきからスタート。ジャガイモとピーラーを握りしめ、目は真剣そのもの。手を切らないようにゆっくりと皮をむいていきました。

 

 

 

 

 

 

『こんなに集中して取り組むなんて、すごい!!』

担任の先生もびっくりしていました。全員上手に皮をむくことが出来ました♪

いよいよスライスしたジャガイモを油で揚げいてきます。

 

 

 

 

 

 

鍋を覗き込んだ子どもたちは『わー、シュワシュワって音がする』観察観察。しばらくすると『あれ?音がしなくなてきたね。。』と、耳で音の変化を聞き取り、すると今度は『なんだかいいにおいがしてきた~♡』と鼻でにおいを感じていました。またしばらくすると『ジャガイモが茶色くなってきたよ~』と目で見て色の変化に気が付いていました。

真っ白だったジャガイモが、こんがりとカリカリに揚がったのを見て『すごーい、ポテトチップスだが出来た~!!』と大興奮。

ビニール袋に揚げたてのポテトチップスを入れ、塩、あおのり、コンソメを入れてシャカシャカ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『おいし~~♪』『おかわり!!』

ポテトチップスのカリカリとした食感や、いろいろな味の違いを楽しんでいました。お店で売っているポテトチップスが自分たちにも作れることに、感動したようです。

今回の食育では、子どもたちの五感を刺激し、作る楽しさを感じてもらうことが出来たと思います。子どもたちからは『次はホットケーキ!!』 『クッキー!ケーキ!!たこやき~~!!』と、次から次にやりたいことがわき出てきました。

子どもたちのワクワクを引き出せるようなことに、チャレンジしたいと思っています。

 

みんな頑張る 元気な子