ほしぐみ稲刈り!!

ほしぐみさんが、稲刈りに行って来ました!!。・・・お米博士によると、今年は稲刈りをするには少し早く、稲の生長があともう少し・・、と言う事で、今日は場所こそ違っていましたが、みんなのお米と同じように大切に育てて下さったお米の稲刈りに挑戦しました。

黄金色に色づいた稲穂を手のひらの中で大切そうに、観察していたほしぐみさん。もみ殻の中に白いお米が入っているのを園長先生から聞くと、「へ~、そうなんだぁ~」「しらなかったぁ~」と、関心を深めていました。

DSCN4098DSCN4097DSCN4095

初めての「かま」を使って、どの子も真剣です。   「ふざけたり、かまを持って歩き回るとお友達にけがをさせちゃうよ。」  「自分もけがをしちゃったら大変だから、使うときは、気をつけようね。」  「かまを貸したり、借りたりするときは、渡し方にも気をつけるんだよね。」    そんな、言葉がよみがえります・・・。    力も必要で、意外にしっかり、かまを引かないと、稲の束がきれません。

慣れない道具と格闘しながらも、何回も繰り返すうちに、みんな、少しずつ「コツ」をつかんで、ザク、ザク、とはぎれの良い音をさせて、稲をかっていましたよ!!

DSCN4123DSCN4126

 

 

 

 

 

 

 

慣れてきたら、役割を分担して、全員で協力して、作業をすすめます。  稲を刈る人。   運ぶ人。    園長先生は、みんなの稲を束にする人。

少しずつ、交代しながら、がんばりました!!

DSCN4146DSCN4156DSCN4139

たくさん動いて、お腹はペコペコ。       「はたらいたあとのおべんとう、おいしいね~♡」        「おかわりはあるぅ~?」

DSCN4138DSCN4143DSCN4128

  ほしぐみ、みんなで刈ったお米は、お正月のお餅つきに使います!!今年の出来はどうかな?楽しみにしていて下さいね。

           そして、あたたかく、子ども達に指導して下さった、お米博士の鈴木さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

みんな頑張る 元気な子